KUNの焼き菓子 注文販売


■KUNについて■
KUN
自宅の庭に小さな工房を建てました。
美味しいお菓子を「ハレ」の日だけでなく、日常でも気軽に食べたい。
1つ1つ丁寧につくられたものがいい。
そんな思いから、お菓子の研究が始まりました。
とにかくいろいろ食べてみる。そして自分だったら・・・・・。
Parisでの研修。アルザス地方、ブルゴーニュ地方へのお菓子の食べ歩き。。。
そんな事も大きな力となり、スタートしました。
1人で焼いていますので、混み合っている時にはご希望日にお届けしかねる場合があるかもしれませんがどうぞご了承くださいませ。
お気軽にお声かけください。


素材について
「できるだけ体に良い素材を」と考えています。
白いお砂糖は体を冷やしにくいビートグラニュー糖、そして三温糖、奄美大島のきび糖など茶色いお砂糖を使用。粉は国産のものを。北海道産、岩手の南部小麦を主としています。そしてバターと一番絞りのなたね油。

バター、砂糖、卵を使わないクッキーなども揃えます。
しっかり噛んで、素材を味わってみてください。

大好きなフランス、研修の旅
Parisの15区にある「ベルーエ・コンセイユ」。
フランスの職人さんたちに混じって授業を受け、修了後20区のパティスリーで研修を受けました。さぁ、研修を終えそれから自由気ままな
パリ、アルザス、ブルゴーニュ地方お菓子の食べ歩きが始まりました。
Paris/メゾンカイザーのクグロフ

7年ぶりのフランスお菓子巡り(2008.1)
久しぶりのフランス。あそこもここも。。。と欲張りな思いは当然果たせませんでしたが、気になるアルザス、ストラスブールへもTGVが開通し2時間半くらいで行けたので今回は日帰り旅行です。
パリ、ストラスブールお菓子の食べ歩き・クグロフ編(2008.1)
gateau・paris編(2008.1)
gateau・Strasbourg(2008.1)

TOP PAGE